• このエントリーをはてなブックマークに追加

[1976年開催(1975年映画作品対象)]第48回アカデミー賞(オスカー賞)受賞映画作品(ノミネート含む) まとめ・一覧 / List of Academy Awards(The Oscars) Nominees 〜アメリカ合衆国の優れた映画と関係者が毎年部門別に表彰されるAMPAS主催の映画賞〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アカデミー賞とは映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が主催し、アメリカ合衆国における映画の健全な発展と芸術・科学の品質向上などを目的に、キャストやスタッフなどの関係者を毎年部門別に表彰し、その成果を讃える映画賞です。

受賞作品・受賞者には賞金は出ませんが、金色のオスカー像が授与されるため、オスカー賞とも呼ばれます。

その歴史は世界三大映画祭(カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭)よりも古く、第一回のアカデミー賞は1929年から開催され、今では世界中が注目する映画界の大イベントとなっています。

特にアカデミー賞へのノミネート及び受賞結果は世界中に大きく報道されるため、各国における対象映画の興行成績に対する大きな影響力を持っています。

アカデミー賞ノミネート作品、アカデミー賞受賞作品は映画界で著名なプロデューサー、監督、脚本家、俳優、批評家などにより構成される選考委員によって選ばれ、その高い評価から世間でも話題の中心となるため、1度は見ておくべき映画と言えるでしょう。

今回はこのように歴史的にも一見の価値があるアカデミー賞(オスカー賞)のノミネート映画作品・受賞映画作品の1976年開催(1975年映画作品対象)結果を紹介します。

スポンサーリンク

[1976年開催(1975年映画作品対象)]第48回アカデミー賞(オスカー賞)受賞映画作品(ノミネート含む) まとめ・一覧 / List of Academy Awards(The Oscars) Nominees 〜アメリカ合衆国の優れた映画と関係者が毎年部門別に表彰されるAMPAS主催の映画賞〜

作品賞 / Sakuhin Shou[Best Picture]

受賞
Winner
カッコーの巣の上で[One Flew Over the Cuckoo’s Nest] ⇒ マイケル・ダグラス[Michael Douglas]、ソウル・ゼインツ[Saul Zaentz]

ノミネート
Nominees

バリー・リンドン[Barry Lyndon] ⇒ スタンリー・キューブリック[Stanley Kubrick]
狼たちの午後[Dog Day Afternoon] ⇒ マーティン・ブレグマン[Martin Bregman]、マーティン・エルファンド[Martin Elfand]
ジョーズ[Jaws] ⇒ リチャード・D・ザナック[Richard D. Zanuck]、David Brown
ナッシュビル[Nashville] ⇒ ロバート・アルトマン[Robert Altman]

監督賞 / Kantoku Shou[Best Director]

受賞
Winner
カッコーの巣の上で[One Flew Over the Cuckoo’s Nest] ⇒ ミロシュ・フォアマン[Miloš Forman]

ノミネート
Nominees

フェリーニのアマルコルド[Amarcord] ⇒ フェデリコ・フェリーニ[Federico Fellini]
バリー・リンドン[Barry Lyndon] ⇒ スタンリー・キューブリック[Stanley Kubrick]
狼たちの午後[Dog Day Afternoon] ⇒ シドニー・ルメット[Sidney Lumet]
ナッシュビル[Nashville] ⇒ ロバート・アルトマン[Robert Altman]

主演男優賞 / Shuen Danyuh Shou[Best Actor]

受賞
Winner
カッコーの巣の上で[One Flew Over the Cuckoo’s Nest] ⇒ ジャック・ニコルソン[Jack Nicholson]

ノミネート
Nominees

サンシャイン・ボーイズ[The Sunshine Boys] ⇒ ウォルター・マッソー[Walter Matthau]
狼たちの午後[Dog Day Afternoon] ⇒ アル・パチーノ[Al Pacino]
The Man in the Glass Booth ⇒ マクシミリアン・シェル[Maximilian Schell]
Give ’em Hell、Harry! ⇒ ジェームズ・ホイットモア[James Whitmore]

主演女優賞 / Shuen Danyuh Shou[Best Actress]

受賞
Winner
カッコーの巣の上で[One Flew Over the Cuckoo’s Nest] ⇒ ルイーズ・フレッチャー[Louise Fletcher]

ノミネート
Nominees

アデルの恋の物語[The Story of Adele H.] ⇒ イザベル・アジャーニ[Isabelle Adjani]
トミー[Tommy] ⇒ アン=マーグレット[Ann-Margret]
Hedda ⇒ グレンダ・ジャクソン[Glenda Jackson]
Hester Street ⇒ キャロル・ケイン[Carol Kane]

助演男優賞 / Joen Danyuh Shou[Best Supporting Actor]

受賞
Winner
サンシャイン・ボーイズ[The Sunshine Boys] ⇒ ジョージ・バーンズ[George Burns]

ノミネート
Nominees

カッコーの巣の上で[One Flew Over the Cuckoo’s Nest] ⇒ ブラッド・ドゥーリフ[Brad Dourif]
イナゴの日[The Day of the Locust] ⇒ バージェス・メレディス[Burgess Meredith]
狼たちの午後[Dog Day Afternoon] ⇒ クリス・サランドン[Chris Sarandon]
シャンプー[Shampoo] ⇒ ジャック・ウォーデン[Jack Warden]

助演女優賞 / Joen Joyuh Shou[Best Supporting Actress]

受賞
Winner
シャンプー[Shampoo] ⇒ リー・グラント[Lee Grant]

ノミネート
Nominees

ナッシュビル[Nashville] ⇒ ロニー・ブレイクリー[Ronee Blakley]
さらば愛しき女よ[Farewell、My Lovely] ⇒ シルヴィア・マイルズ[Sylvia Miles]
ナッシュビル[Nashville] ⇒ リリー・トムリン[Lily Tomlin]
いくたびか美しく燃え[Once Is Not Enough] ⇒ ブレンダ・ヴァッカロ[Brenda Vaccaro]

脚本賞 / Kyakuhon Shou[Best Screenplay Written Directly for the Screen]

受賞
Winner
狼たちの午後[Dog Day Afternoon] ⇒ フランク・ピアソン[Frank Pierson]

ノミネート
Nominees

フェリーニのアマルコルド[Amarcord] ⇒ フェデリコ・フェリーニ[Federico Fellini]、トニーノ・グエッラ[Tonino Guerra]
マイ・ラブ[And Now My Love] ⇒ クロード・ルルーシュ[Claude Lelouch]、ピエール・ユイッテルヘーベン[Pierre Uytterhoeven]
Lies My Father Told Me ⇒ テッド・アラン[Ted Allan]
シャンプー[Shampoo] ⇒ ウォーレン・ベイティ[Warren Beatty]、ロバート・タウン[Robert Towne]

脚色賞 / Kyakushoku Shou[Best Screenplay Based on Material Previously Produced or Published]

受賞
Winner
カッコーの巣の上で[One Flew Over the Cuckoo’s Nest] ⇒ ボー・ゴールドマン[Bo Goldman]、ローレンス・ホーベン[Lawrence Hauben]

ノミネート
Nominees

バリー・リンドン[Barry Lyndon] ⇒ スタンリー・キューブリック[Stanley Kubrick]
王になろうとした男[The Man Who Would Be King] ⇒ ジョン・ヒューストン[John Huston]、グラディス・ヒル[Gladys Hill]
Profumo di donna ⇒ ルッジェーロ・マッカリ[Ruggero Maccari]、ディーノ・リージ[Dino Risi]
サンシャイン・ボーイズ[The Sunshine Boys] ⇒ ニール・サイモン[Neil Simon]

外国語映画賞 / Gaikokugo Eiga Shou[Best Foreign Language Film]

受賞
Winner
デルス・ウザーラ[Dersu Uzala] (ソビエト連邦[Soviet Union])

ノミネート
Nominees

Letters from Marusia (メキシコ[Mexico])
Profumo di donna (イタリア[Italy])
約束の土地[The Promised Land] (ポーランド[Poland])
サンダカン八番娼館 望郷[Sandakan No. 8] (日本[Japan])

長編ドキュメンタリー映画賞 / Chouhen Documentary Eiga Shou[Best Documentary Feature]

受賞
Winner
エベレストを滑った男[The Man Who Skied Down Everest] ⇒ F. R. Crawley、James Hager and Dale Hartlebe

ノミネート
Nominees

The California Reich ⇒ Keith Critchlow and Walter F. Parkes
Fighting for Our Lives ⇒ Glen Pearcy
Man: The Incredible Machine ⇒ Irwin Rosten and Ed Spiegel
The Other Half of the Sky: A China Memoir ⇒ Shirley MacLaine and Claudia Weill

短編ドキュメンタリー映画賞 / Tanpen Documentary Eiga Shou[Best Documentary Short Subject]

受賞
Winner
The End of the Game ⇒ Claire Wilbur and Robin Lehman

ノミネート
Nominees

Arthur and Lillie
Millions of Years Ahead of Man
Probes in Space
Whistling Smith

短編映画賞 / Tanpen Eiga Shou[Best Live Action Short Film]

受賞
Winner
Angel and Big Joe ⇒ バート・サルズマン[Bert Salzman]

ノミネート
Nominees

Conquest of Light ⇒ ルイス・マーカス[Louis Marcus]
Dawn Flight ⇒ ラリー・ランスバーグ[Lawrence M. Lansburgh]、ブライアン・ランスバーグ[Brian Lansburgh]
A Day in the Life of Bonnie Consolo ⇒ Barry Spinello
Doubletalk ⇒ アラン・ビーティー[Alan Beattie]

短編アニメ賞 / Tanpen Anime Shou[Best Animated Short Film]

受賞
Winner
Great ⇒ ボブ・ゴドフレイ[Bob Godfrey]

ノミネート
Nominees

Kick Me ⇒ ロバート・スワース[Robert Swarthe]
Monsieur Pointu ⇒ René Jodoin、Bernard Longpré and André Leduc
Sisyphus ⇒ マーセル・ジャンコヴィクス[Marcell Jankovics]

作曲賞 / Sakkyoku Shou[Best Original Score]

受賞
Winner
ジョーズ[Jaws] ⇒ ジョン・ウィリアムズ[John Williams]

ノミネート
Nominees

アニマル・ラブ[Birds Do It, Bees Do It] ⇒ ジェラルド・フリード[Gerald Fried]
弾丸を噛め[Bite the Bullet] ⇒ アレックス・ノース[Alex North]
カッコーの巣の上で[One Flew Over the Cuckoo’s Nest] ⇒ ジャック・ニッチェ[Jack Nitzsche]
風とライオン[The Wind and the Lion] ⇒ ジェリー・ゴールドスミス[Jerry Goldsmith]

編曲・歌曲賞 / Henkyoku Kakyoku Shou[Best Original Song Score or Adaptation Score]

受賞
Winner
バリー・リンドン[Barry Lyndon] ⇒ レナード・ローゼンマン[Leonard Rosenman]

ノミネート
Nominees

ファニー・レディ[Funny Lady] ⇒ ピーター7・マッツ[Peter Matz]
トミー[Tommy] ⇒ ピート・タウンゼント[Pete Townshend]

歌曲賞 / Kashou Shou[Best Original Song]

受賞
Winner
“I’m Easy” – ナッシュビル[Nashville] ⇒ 作詞・作曲:キース・キャラダイン[Keith Carradine]

ノミネート
Nominees

“How Lucky Can You Get?” – ファニー・レディ[Funny Lady] ⇒ 作詞・作曲:Kander and Ebb
“Now That We’re In Love” – キャッシュ[Whiffs] ⇒ 作曲:ジョージ・バリー[George Barrie]、作詞:サミー・カーン[Sammy Cahn]
“Richard’s Window” – あの空に太陽が[The Other Side of the Mountain] ⇒ 作曲:チャールズ・フォックス[Charles Fox]、作詞:ノーマン・ギンベル[Norman Gimbel]
“Theme from Mahogany (Do You Know Where You’re Going To)” – マホガニー物語[Mahogany] ⇒ 作曲:マイケル・マッサー [Michael Masser]、作詞:ジェリー・ゴフィン[Gerry Goffin]

音響編集賞 / Onkyou Henshuh Shou[Best Sound Effects Editing]

受賞
Winner
ヒンデンブルグ[The Hindenburg] ⇒ Peter Berkos

ノミネート
Nominees

録音賞 / Rokuon Shou[Best Sound]

受賞
Winner
ジョーズ[Jaws] ⇒ ジョン・カーター[John Carter]、ロジャー・ヒーマン[Roger Heman]、ロバート・ホイット[Robert Hoyt]、アール・マデリー[Earl Madery]

ノミネート
Nominees

弾丸を噛め[Bite the Bullet] ⇒ レス・フレッショルツ[Les Fresholtz]、アル・オーヴァートン・Jr[Al Overton Jr.]、アーサー・ピアンタドシ[Arthur Piantadosi]、リチャード・タイラー[Richard Tyler]
ファニー・レディ[Funny Lady] ⇒ ドン・マクドゥーガル[Don MacDougall]、リチャード・ポートマン[Richard Portman]、ジャック・ソロモン[Jack Solomon]、カーリー・サールウェル[Curly Thirlwell]
ヒンデンブルグ[The Hindenburg] ⇒ ジョン・A・ボルジャー・Jr[John A. Bolger Jr.]、ジョン・マック[John L. Mack]、レオナルド・ピーターソン[Leonard Peterson]、ドン・K・シャープレス[Don Sharpless]
風とライオン[The Wind and the Lion] ⇒ ロイ・チェアマン[Roy Charman]、ウィリアム・マッコーイ[William McCaughey]、アーロン・ローチン[Aaron Rochin]、ハリー・W・テトリック[Harry W. Tetrick]

美術賞 / Bijutsu Shou[Best Art Direction]

受賞
Winner
バリー・リンドン[Barry Lyndon] ⇒ ケン・アダム[Ken Adam]、ロイ・ウォーカー[Roy Walker]、ヴァーノン・ディクソン[Vernon Dixon]

ノミネート
Nominees

ヒンデンブルグ[The Hindenburg] ⇒ エドワード・C・カーファグノ[Edward Carfagno]、フランク・マッケルヴィ[Frank R. McKelvy]
王になろうとした男[The Man Who Would Be King] ⇒ アレクサンドル・トローネル[Alexandre Trauner]、トニー・イングリス[Tony Inglis]、ピーター・ジェームズ[Peter James]
シャンプー[Shampoo] ⇒ リチャード・シルバート[Richard Sylbert]、W・スチュワート・キャンベル[W. Stewart Campbell]、ジョージ・ゲインズ[George Gaines]
サンシャイン・ボーイズ[The Sunshine Boys] ⇒ アルバート・ブレナー[Albert Brenner]、マーヴィン・マーチ[Marvin March]

撮影賞 / Satsuei Shou[Best Cinematography]

受賞
Winner
バリー・リンドン[Barry Lyndon] ⇒ ジョン・オルコット[John Alcott]

ノミネート
Nominees

イナゴの日[The Day of the Locust] ⇒ コンラッド・L・ホール[Conrad Hall]
ファニー・レディ[Funny Lady] ⇒ ジェームズ・ウォン・ハウ[James Wong Howe]
ヒンデンブルグ[The Hindenburg] ⇒ ロバート・サーティース[Robert Surtees]
カッコーの巣の上で[One Flew Over the Cuckoo’s Nest] ⇒ ビル・バトラー[Bill Butler]、ハスケル・ウェクスラー[Haskell Wexler]

衣裳デザイン賞 / Ishou Design Shou[Best Costume Design]

受賞
Winner
バリー・リンドン[Barry Lyndon] ⇒ ミレーナ・カノネロ[Milena Canonero]、ウルラ=ブリット・ショダールンド[Ulla-Britt Söderlund]

ノミネート
Nominees

四銃士[The Four Musketeers] ⇒ イヴォンヌ・ブレイク[Yvonne Blake]、ロン・タルスキー[Ron Talsky]
ファニー・レディ[Funny Lady] ⇒ レイ・アガーヤン[Ray Aghayan]、ボブ・マッキー[Bob Mackie]
魔笛[The Magic Flute] ⇒ カリン・アースキン[Karin Erskine]、ヘニー・ノーレマルク[Henny Noremark]
王になろうとした男[The Man Who Would Be King] ⇒ イーディス・ヘッド[Edith Head]

編集賞 / Henshuh Shou[Best Film Editing]

受賞
Winner
ジョーズ[Jaws] ⇒ ヴァーナ・フィールズ[Verna Fields]

ノミネート
Nominees

狼たちの午後[Dog Day Afternoon] ⇒ デデ・アレン[Dede Allen]
王になろうとした男[The Man Who Would Be King] ⇒ ラッセル・ロイド[Russell Lloyd]
カッコーの巣の上で[One Flew Over the Cuckoo’s Nest] ⇒ リチャード・チュウ[Richard Chew]、シェルドン・カーン[Sheldon Kahn]、リンジー・クリングマン[Lynzee Klingman]
コンドル[Three Days of the Condor] ⇒ ドン・ガイデス[Don Guidice]、フレドリック・スタインカンプ[Fredric Steinkamp]

視覚効果賞 / Shikaku Kouka Shou[Best Visual Effects]

受賞
Winner
ヒンデンブルグ[The Hindenburg] ⇒ Albert Whitlock and Glen Robinson

ノミネート
Nominees
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事