• このエントリーをはてなブックマークに追加

満腹ダイエットに有効な「バジルシード」「チアシード」比較 〜肥満予防・ダイエット効果、便秘解消、がん予防、アンチエイジング・老化予防など健康効果満載〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バジルシードとチアシードについて下記の記事を記載しました。

ダイエットに有効な不思議食感「バジルシード」の栄養素・効果・副作用まとめ
ダイエットに有効な不思議食感「チアシード」の栄養素・効果・副作用まとめ

バジルシードとチアシードはかなり似ている特徴を持っているため、その違いについて深掘りして比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

バジルシードとチアシードの比較表

色々と調査してみましたが、大体下記のような違いがあるようです。正確な成分比較表を作成したかったのですが商品によっても違いがあり概要レベルの表となっています。
バジルシードはカロリーが少なく食物繊維が多めで水分での膨張率が大きいためダイエット目的で空腹を抑える用途に優れているように思います。
チアシードは上記の点についてはバジルシードに劣るもののタンパク質、脂質、必須アミノ酸、ミネラルについてはバジルシードより多く含まれているようです。

項目 バジルシード チアシード
水分吸収時の膨張率 約30倍 約10倍
カロリー(100g当たり) 100kcal 500kcal
食物繊維(100g当たり) 約56% 約40%
タンパク質(100g当たり) 約14% 約20%
脂質(100g当たり) 約14% 約30%
オメガ3脂肪酸(αリノレン酸)
必須アミノ酸8種類
(イソロイシン、ロイシン、バリン、リジン、メチオニン、
フェニルアラニン、トレオニン、トリプトファン)
ビタミンK
カルシウム
マグネシウム
亜鉛
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加