• このエントリーをはてなブックマークに追加

AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル 勉強法 合格体験記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon Web Services(AWS)は今最もシェアを拡大しているパブリッククラウドコンピューティングサービスの一つです。
AWSは安価でかつ世界最高水準のセキュリティ・拡張性・耐障害性を兼ね備えており、IT業界でも広く導入されています。
AWSにはエンジニアの技術レベルを評価する「AWS 認定プログラム」というものがあります。
私もAWSを用いてソリューション設計・開発を行うエンジニアの一人であり、今までAWSから発表された「AWS 認定プログラム」を都度受験し合格してきました。
「AWS 認定プログラム」での試験問題は非公表であり、初めて受験する際には勉強方法をどうすればよいか迷うところでもあります。
そこで、私の備忘録も兼ねてこの記事を読んで頂いた方の何かの参考になればと合格体験記を書くことにしました。
今回記載する認定は「AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル」という、その名の通りAWSを用いたソリューション設計に関する中級レベルの資格です。

スポンサーリンク

AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル 勉強法

私が行った「AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル」の認定の勉強法は下記のとおりです。
下記の内容を試験受験まで繰り返し行いました。
重要なのは、模擬試験で出題されたAWSサービスについてとことん深堀りして勉強することです。。

  • 試験ガイドを読む
  • まずは、試験ガイドを読んで認定試験で問われる内容を確認します。

    http://media.amazonwebservices.com/jp/certification/AWS_certified_solutions_architect_professional_blueprint_final.pdf

  • サンプル問題を解く
  • 次にサンプル問題を解いて試験の雰囲気を掴みます。

    http://media.amazonwebservices.com/jp/certification/AWS_certified_solutions_architect_professional_examsample0701_08_final.pdf

  • 模擬試験を受験する
  • 次に模擬試験を受験して認定試験でどのような問題がどのような形式で問われるのかを確認し、深堀して勉強すべきAWSサービスを確認します。

    https://www.webassessor.com/wa.do?page=publicHome&branding=AWS_JP

  • ホワイトペーパーを読む
  • 試験ガイドに記載されている範囲のホワイトペーパーの内容について勉強します。

    http://aws.amazon.com/jp/whitepapers/

  • AWSクラウドデザインパターン(beta)を読む
  • こちらはAWSのベストプラクティスに基づいたAWSクラウドデザインパターンを紹介しているサイトです。
    特にソリューションアーキテクト系の認定の試験勉強や実際のソリューション設計に応用できる内容となっていますので、ぜひ一読しておくべきでしょう。

    http://aws.clouddesignpattern.org/index.php

  • AWS クラウドサービス活用資料集を読む
  • こちらはAWS公式のベストプラクティスに基づいたAWSの活用例について紹介しています。
    こちらも特にソリューションアーキテクト系の認定の試験勉強や実際のソリューション設計に応用できる内容となっていますので、ぜひ一読しておくべきでしょう。

    http://aws.amazon.com/jp/aws-jp-introduction/

  • 書籍を読む
  • 上記の勉強でAWSに関する知識についてはかなり情報が入ってくると思いますが、一方で実践的な内容については実践的な内容を記載した書籍や実際にAWSサービスを動かして学習する必要があります。
    私が書籍の中で特におすすめするのが下記の書籍です。この書籍は実際の業務内容の経験を元に記載されていますので、とても実践的な内容になっています。



    Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド

  • Architecting on AWSのコース内容を自分で想定してやってみる
  • こちらはAWSが行なっているAWSソリューションアーキテクトの初級者向けの講座になります。
    この講座に対応する認定は「AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト」です。
    実際に受講しても良いのですが、それなりに受講料がかかりますので、ここに記載されている受講項目から講座で行われる内容を自分で想定して実践して見ることをおすすめします。

    http://aws.amazon.com/jp/training/course-descriptions/architect/

  • Advanced Architecting on AWSのコース内容を自分で想定してやってみる
  • こちらはAWSが行なっているAWSソリューションアーキテクトの中級者向けの講座になります。
    この講座に対応する認定は「AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル」です。
    実際に受講しても良いのですが、それなりに受講料がかかりますので、ここに記載されている受講項目から講座で行われる内容を自分で想定して実践して見ることをおすすめします。

    http://aws.amazon.com/jp/training/course-descriptions/advanced-architecting/

  • 実際にAWSサービスを動かして学習する
  • AWSに関する基本的な知識、実践的な知識が身についたら、あとはAWSサービスを実際に動かして実践的な技術を勉強することに尽きます。

  • 模擬試験を再度受験する
  • AWSに関する基本的な知識、実践的な知識・技術をひと通り勉強できたら、もう一度模擬試験を受験して自分のレベルを確認することをおすすめします。
    ここでの結果を受けて、再度自分の弱点を勉強することで合格により近づく力が身につくでしょう。

いかがでしたでしょうか、この記事が読んでいただいた方の学習の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加