• このエントリーをはてなブックマークに追加

リポビタン漬けの日々(3本目)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は健康志向の風潮から生まれたカロリー控えめの「リポビタン ハーフ」を試してみたいと思います。


DSC_0263
リポビタンハーフ 100ml*10本

カロリーが減ったということは成分や味も半減?しているのでしょうか。その点を比較してみました。

スポンサーリンク

リポビタンDとリポビタンハーフの比較

パッケージには従来のリポビタンDからカロリーを54%オフにして1本あたり34kcalになっていると記載されています。
ただ、元祖リポビタンDのパッケージにはカロリー表記はありませんでした。
リポビタン ハーフのパッケージの表記から逆算すると

リポビタンDのカロリー = 34kcal ÷ (1-0.54) = 73.9130434783…

となるので、元祖リポビタンDのカロリーは約74kcalということになります。
ご飯100gがカロリー約168kcalですからリポビタンDは意外とカロリー高めなんですね(^_^;)

一方で成分についてはリポビタンDとリポビタンハーフを比較してみましたが半分にはなっていないようです。
主な成分である下記についてはリポビタンDもリポビタンハーフについても同じでした。

タウリン 1000mg
イノシトール 50mg
ニコチン酸アミド 20mg
チアミン硝化物(ビタミンB1 5mg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2 5mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6 5mg
無水カフェイン 50mg

さて、味のほうですがリポビタンDよりも栄養ドリンク的な味が控えめになっており飲みやすくなっていました。
リポビタンファインと比較しても酸味が弱く飲みやすい印象です。
栄養価もリポビタンDと変わらないようなので、リポビタンDの味が苦手な方にもおすすめの逸品です。

リポビタンハーフ 100ml*10本

<参考>
こちらのリポビタンハーフは2009年5月に発売されたようで10年前に書いていた「リポD漬けの日々」では試していませんでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加