• このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの大容量・超高速 SDカード(SDXCカード) 「SanDisk/サンディスク Extreme PRO SDXCカード UHS-I Class10 (SDSDXPA)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SDXCカードは発売された当初からデジタルカメラの画像ファイル保存やテキストファイル、Office関連のファイルなど小容量ファイルを持ち歩くのに便利なデバイスでした。

時は流れ、現在ではSDXCカードは大容量化・高速化が進みファイルを持ち運ぶ用途では従来の小容量ファイルに加えて、動画やOSイメージなど大容量のファイルも高速に書き込んで持ち運ぶことができるようになりました。

今回は最近のSDXCカードの中でも超高速かつリーズナブルで評価の高いものを実測、所感を踏まえて紹介します。

スポンサーリンク

SanDisk/サンディスク Extreme PRO SDXCカード UHS-I Class10 (SDSDXPA)

SanDisk/サンディスク Extreme PRO SDXCカード UHS-I Class10 (SDSDXPA)の特徴

  • 最大読込95MB/sec、最大書込90MB/secの高速アクセス
  • スピードクラスはUHSスピードクラス3、CLASS 10
  • 選択できる容量は16GB、32GB、64GB、128GB、256GB、512GBと小容量から大容量まで幅広い
  • 国内正規品のSDSDXPA-***G-EPK2シリーズは30日間初期不良保証

CrystalDiskMarkによる実測値

Windows10にてCrystalDiskMarkを用いて「SanDisk/サンディスク Extreme PRO SDXCカード UHS-I Class10 64GB (SDSDXPA-064G)」を実測した結果は下記になります。

CrystalDiskMark_SDSDQX-064G
シーケンシャルリードもシーケンシャルライトもSDカードとしては文句なしに高速で、容量の選択肢も多いため用途の幅は広く多目的に使用することができます。

実際に使用してみた所感

私個人の「SanDisk/サンディスク Extreme PRO SDXCカード UHS-I Class10 64GB (SDSDXPA-064G)」の使用用途はかなりハードなものです。

「SanDisk/サンディスク Extreme PRO SDXCカード UHS-I Class10 64GB (SDSDXPA-064G)」をディスクドライブとしてマウントしてVirtualBoxのVM(Linux CentOS)を格納して持ち運べるOS環境として利用しています。

そのため、VirtualBoxのVM(Linux CentOS)を起動している時間、SDカードに読み込み、書き込みが頻繁に発生し寿命が縮まって行きますが、それでも6ヶ月以上も使用することができています。

大容量、アクセス速度が速い上に耐久力もかなりのものです。

「SanDisk/サンディスク Extreme PRO SDXCカード UHS-I Class10 (SDSDXPA)」は下記リンクより全ての容量の種類(16GB、32GB、64GB、128GB、256GB、512GB)を選択して購入することができます。



SanDisk Extreme PRO SDXCカード UHS-I Class10 64GB 95MB/Sec [国内正規品] SDSDXPA-064G-EPK2 [エコパッケージ]

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加