• このエントリーをはてなブックマークに追加

日本初、元祖国産ジーンズメーカー「BIG JOHN(ビッグジョン)」の高品質な日本製「岡山デニム」のおすすめブランド 〜ジーンズの聖地・発祥の地と呼ばれる岡山県岡山市児島の老舗の歴史と特徴〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年まで不景気の影響から格安の衣料品が好まれる傾向が続いていましたが、一方で外国人観光客の増加や様々な日本文化や日本産業が世界遺産に認定されるなど日本の文化、技術力、魅力を日本人自身が見直す傾向も強くなってきています。

今回は戦後、日本人ならではの高い研究心と技術力で日本初となる元祖国産ジーンズの開発・販売に成功したジーンズの聖地・発祥の地と呼ばれる岡山県岡山市児島の老舗ジーンズメーカー「BIG JOHN(ビッグジョン)」を紹介します。

スポンサーリンク

日本初、元祖国産ジーンズメーカー「BIG JOHN(ビッグジョン)」の高品質な日本製「岡山デニム」のおすすめ商品 〜ジーンズの聖地・発祥の地と呼ばれる岡山県岡山市児島の老舗の歴史と特徴〜

日本初の元祖国産ジーンズメーカー「BIG JOHN(ビッグジョン)」の歴史

  • 1940年:尾崎小太郎が「BIG JOHN(ビッグジョン)」の前身となる「マルオ被服」のを創業し、学生服、作業服などを中心に縫製業を開始
  • 1945年:姫路市に「マルオ被服」の支店を開設する
  • 1958年:米国製中古衣料の販売、ジーンズの輸入と受託生産を開始する
  • 1960年:資本金500万円で法人に改組し、「マルオ被服株式会社」を設立する
  • 1961年:香川県詫間町に大浜工場を設置する
  • 1963年:輸入自由化がスタートする。
  • 1964年:資本金を970万円に増資する。通産省の岡田氏と接触し、大石貿易と箱根から西はマルオ被服が生産販売権を持つ契約を締結する
  • 1965年:国産第1号のマルオ被服製CANTONブランドのジーンズが完成し、世界初のワンウォッシュ(洗い加工)ジーンズの販売を開始
  • 1966年:後の東京支社となる東京事務所、後の香川工場となる善通寺工場を開設する
  • 1967年:「BIG JOHN(ビッグジョン)」ブランドを立ち上げ、「BIG JOHN Lot.M1002 PROTO MODEL」が誕生、後のビッグジョン福岡支店となる支店を福岡市に開設する
  • 1968年:「BIG JOHN(ビッグジョン)」ブランドとして「BIG JOHN Lot.M1002 FIRST MODEL」、「M2002ブーツカット」、「M3002スリム」が完成する
  • 1969年:日本初のカラージーンズ「ROAD RUNNER(ロードランナー)」を生産発売し、「M4002ベルボトムジーンズ」を発売。後のビッグジョン大阪支店となる大阪セールス・ディビジョン、後のビッグジョン名古屋支店となる名古屋セールス・ディビジョンを開設する
  • 1970年:業界に先駆けてコンピュータシステムを導入する
  • 1971年:資本金を2,250万円に増資し、ユニオンスペシャルのミシンを導入することで巻き縫いによる縫製を採用する。ボーイズジーンズの開発を開始し、「S-70ベルボトムジーンズ」を発売する。
  • 1972年:国内初となるデニム生地「KD-8」をクラボウと共同開発し、後の東北支店である東北ビッグジョンを仙台市に開設する
  • 1973年:売上額50億円を達成し、デニム生地「KD-8」を使用した純国産ジーンズの第1号となるベーシックライン(M シリーズ)が完成する。国内ジーンズメーカーで初の全国ネットのテレビCMを開始する。高松市に四国ビッグジョンを開設する。
  • 1975年:国内初のワークブランド「WORLD WORKERS(ワールドワーカーズ)」を発表し、広島市に中国ビッグジョン、札幌市に北海道ビッグジョンを開設する
  • 1976年:売上額100億円を達成し、従来よりも厚手の15.1/2オンスデニムを使用した「エクストラ」を発売
  • 1977年:「オールドシリーズ」を発表する
  • 1978年:マレーシアの海洋貿易有限公司社とライセンス契約する。色落ちを楽しむ洗い加工「ストーンウォッシュ」を提案し、「WE SAY CORDS」キャンペーンでコーデュロイジーンズをアピールする
  • 1979年:台湾の啓台繊維股彷有限公司社とライセンス契約する。水洗いとストーンウォッシュを併用したハードな洗い加工の「W-Wash(ダブルウォッシュ)」を開発、レディースブランド「GEORGIA LOVE(ジョージアラブ)」を発表する
  • 1980年:創業40周年を迎え、資本金を4500万円に増資し、国内メーカーとして初めてドイツ・ケルン市の「ジーンズメッセ」に出品。世界初のムラ糸を開発し、力織機で織り上げた「レアジーンズ」が完成する
  • 1982年:メンズブランド「GL HEART(ジーエルハート)」、のちの「SPANA(スパナ)」へと発展するデザイン性に富んだ「LUCKY」を発表
  • 1983年:ストーンウォッシュの基本となる長時間ウォッシュの「H/R ウォッシュ」を開発
  • 1984年:尾崎小太郎が社長が会長に就任し、長男尾崎博章が社長に就任。社名を「マルオ被服」から「マルオ」に変更、CI(コーポレート・アイデンティティ)を導入し、リーガル理念「QUALITY COMES FIRST(品質はすべてに優先する)」を打ち立てる。タイのHARA COMPANY LTD.とライセンス契約。日本人の体型と感性にフィットするジーンズ「SPIRIT(スピリット)」を発表し、子ども向けブランド「U・BOAT」を発表する
  • 1985年:マルオ東京支社、東京ビッグジョンを世田谷区に移転し、営業・物流を集約する。 はきやすさ、リラックス感を大切にしたブランド「WOLVO(ウォルボ)」を発表
  • 1986年:デザインカテゴリーをまとめた「SPANA(スパナ)」を発表する
  • 1987年:レディス事業部を開設し、女性に美しくフィットするジーンズブランド「BRAPPERS(ブラッパーズ)」を発表する
  • 1989年:社名を「マルオ」から「ビッグジョン」に変更し、山口県平生町に山口県平生工場が完成する。BIG JOHN(CHINA)MANUFACTURING CO.,LTD.を設立する
  • 1990年:創業50周年を迎え、記念式典を挙行する
  • 1991年:創業者である尾崎小太郎が山陽新聞賞(産業功労)を受賞したが、同年逝去する
  • 1993年:韓国のイーランドグループSHANE社とライセンス契約し、ソフト体感シリーズ「レフトハンドデニム」を発売する
  • 1994年:本社物流センターを竣工する
  • 1996年:最新物流システム「スキーソーター」を導入する。 「リサイクルデニム」、「天然インディゴジーンズ」を発売し、天然染料やリサイクルデニムを使用した「JEANS REVOLUTION」キャンペーンを行う
  • 1997年:香川県に香川新工場が完成、職人の手仕事による限定300本の「レア・マイスター」を発売、予約完売する
  • 1998年:「BIG JOHN WOLVO」を発表し、「MY BASIC BLUE 1」を提案する
  • 1999年:デニムのリアルな中古加工「ファクトリーウォッシュ」を発売し、ベルボトムやタイトストレートなどを復刻した「シャープフィット」を発売する
  • 2000年:創業60周年を迎え、全国販売組織を効率化・強化すべく、ディビジョンの統合を推進する。静岡県御殿場に初のアウトレットショップを出店し、バスフィッシングに照準を合わせた「ビッグジョンアングラーズ」を発売する
  • 2001年:斬新なデザインシリーズを集積した「フューチャープラス」を発売し、「BRAPPERS(ブラッパーズ)」よりローライズジーンズを発売する
  • 2002年:illiamson-DickieManufacturingCo.と「Dickies」ブランドのサブライセンシー契約を締結し、UD874の日本企画ローライズモデルUM874を発売する。初の直営店「ブラッパーズ」を札幌にオープンする
  • 2003年:佐賀県鳥栖市にアウトレットショップ鳥栖店をオープンする。腰までずらしてはく「コシバキ」を提案し、「BRAPPERS(ブラッパーズ)」より「新美尻ジーンズ」を発売する
  • 2004年:ストリートスタイルに対応した「コシバキジーンズ」を発売する
  • 2005年:大阪府泉佐野市にアウトレットショップりんくう店、岐阜県土岐市にアウトレットショップ土岐店、広島市にアウトレットショップ広島店、北海道千歳市にアウトレットショップ千歳店をオープンする。「BRAPPERS(ブラッパーズ)」より「新美脚エレガンス」を発売する
  • 2006年:「BIG JOHN(ビッグジョン)」より内股にもう一本のステッチを入れた「Λステッチ(ラムダステッチ)」を発表し、青山にて「BIG JOHN(ビッグジョン)」、「BRAPPERS(ブラッパーズ)」のファッションショーを開催する
  • 2007年:「BRAPPERS(ブラッパーズ)」がブランド発表から20周年を迎え、東京支社内に海外事業部を新設
  • 2008年:「BIG JOHN(ビッグジョン)」より細みのシルエットに特化したコーディネートジーンズ「The Tailored(ザ・テーラード)」を発表する
  • 2009年:パリで開催された日本文化の博覧会「JAPAN EXPO」に初出店し、60年代のスリムジ-ンズM3002を現代版として昇華させた「M3」を発売する
  • 2010年:創業70周年を迎え、染めと縫製にこだわった2010年版「レアジ-ンズ R008」を発売する
  • 2011年:ベルリン、パリ、ニューヨーク、ラスベガスで開催されたインターナショナル展示会「カプセル」に出展する
  • 2012年:ベルリンで開催されたインターナショナル展示会「ブレッド&バター」に出展し、カルフォルニアテイストの「BIG JOHN .CALIF(ビッグジョン カリフ)」を発売する
  • 2013年:カナダブランド「ネイキッド&フェイマス」、アメリカワークブランド「レッドキャップ」と代理店契約を締結し、反応染料ジ-ンズ「TOWA」を業界に先駆けて発売する
  • 2014年:アメリカカジュアルシャツブランド「プレンティス」とライセンス契約を締結し、国産品質がテ-マのレディースセレクトショップ向け新ブランド「クリーン」を発売する
  • 2015年:創業75周年を迎える

日本初、元祖国産ジーンズメーカー「BIG JOHN(ビッグジョン)」の特徴

BIG JOHN(ビッグジョン)」は企業理念に「QUALITY COMES FIRST(品質はすべてに優先する)」を掲げており、高品質なジーンズ・デニムを提供してくれることが大きな特徴といえます。

また、歴史の中でもわかるように世界初の洗い加工を開発したり、日本人の体型にあった商品を開発するなど独創的なアイデアで着心地と美しいデザインを両立した品質の高い商品を世に送り出しています。

このような軸となる高品質と多様性は「BIG JOHN(ビッグジョン)」がリリースしている各ブランドに継承されて高い品質でそれぞれの個性を引き出した商品が提供されています。

  • BIG JOHN(ビッグジョン)
  • BIG JOHN(ビッグジョン)」社の基幹となるメンズジーンズブランド。世界初のデニム洗い加工「ビッグウォッシング」を採用するなど日本におけるジーンズのパイオニアであると同時に世界的な知名度を誇る。

  • WORLD WORKERS(ワールドワーカーズ)
  • 1975年にリリースされた日本最古のワークブランドで、モダンワークをテーマとして日常の中のワークウェアを提案している。

  • WOLVO(ウォルボ)
  • 流行に左右されない上質感のあるオーセンティックなスタイルと、はきやすさ、リラックス感を大切にしたモノ作りにこだわったアイテムを提案している。

  • GL HEART(ジーエルハート)
  • 1982年にリリースされたブランド。ハイクオリティーとロープライスを実現した「BIG JOHN(ビッグジョン)」のもう一つのジーンズブランドである。

  • BRAPPERS(ブラッパーズ)
  • 1987年にリリースされた女性のためのボトムスブランド。本格的なベーシックジーンズから、最新のトレンドを意識したアイテムまで、多彩なラインナップを揃えている。

  • GEORGIA LOVE(ジョージアラブ)
  • 1979年にリリースされたブランド。流通・市場の多様化に対応して生まれた、コストパフォーマンスに優れたレディスジーンズブランドである。

アメリカのジーンズ・デニムをいち早く日本のファッション業界に取り入れ、日本ならではの独自の進化を遂げてきた「BIG JOHN(ビッグジョン)」の伝統と歴史のある国産ジーンズ・デニム。

いつも格安のジーンズ・デニムで済ませてしまっている方も日本製の丈夫で履き心地のより高品質なジーンズ・デニムに着替えて日本の技術をもう一度確かめてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加