• このエントリーをはてなブックマークに追加

被災地「岩手県」への募金、寄付、義援金、資金援助、支援は「ふるさと納税」が簡単・確実 – 東日本大震災 〜クレジットカード、コンビニ決済も使える地震災害の被災者緊急支援〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年(平成23年)3月11日14時46分に発生した東北地方太平洋沖地震とそれに伴って発生した津波、およびその後の余震により引き起こされた大規模地震災害「東日本大震災」。

岩手県では地震・津波による犠牲者や建物の倒壊が大きく、壊滅的な被害を被りました。

その東日本大震災から5年が経過し、ようやく傷が癒え始めてきましたが、被災地域はまだまだ本格的な復興ができていない状況が続いています。

道路や施設、交通面などのインフラの復旧は進んでいるものの、一般市民の生活は復興とは遠く復興住宅、災害公営住宅の整備や宅地の供給が遅れているため、仮設住宅に住んでいる方はまだ沢山いらっしゃるようです。

また、一番深刻なのがこのような復興住宅、災害公営住宅の整備や宅地の供給を支えるための地域経済の復興です。

地域経済が依然として低迷しているため、地方自治体が資金調達ができず復興が市民が期待しているほど進んでいないというのが現状です。

同じ日本に住む国民として「東日本大震災」の記憶を風化させるには時期尚早で、被災地の方々が住む地方自治体への資金援助はまだまだ必要なのです。

地震災害時、被災者ではない私達は何をするべきなのでしょうか

地震大国である日本で度重なって起こる地震被害に対して当事者ではない国民は日本人として何ができるのでしょうか。

短期的な緊急支援については政府や自治体、ボランティア、SNSでの拡散などを通した現地対応で被災者のニーズを考慮した調達が行われるため、遠方に住む人が勝手な想像で闇雲に物資を送るのはかえって迷惑になります。

一方でこれからの復興を考えた長期的な視点に立つと私達がやるべきなのは、やはり復興に必要な「資金」を援助することに尽きます。

ただこの資金援助も義援金募集を謳った団体やサイトに闇雲に寄付しても、それらが本当に被災者のいる自治体に渡るとは限りません。

残念ながら昨今の日本は義援金詐欺なども横行するご時世なのです。

そこで今回紹介するのは政府主導で行われている「ふるさと納税」の制度を利用した募金、寄付、義援金、資金援助です。

「ふるさと納税」は信頼できるウェブサイトからインターネットで簡単、確実に資金援助ができ、支払いもクレジットカードやコンビニ決済など様々な支払い方法にも対応しています。

以下では「ふるさと納税」で被災地への資金援助をすることの特徴について記載します。

スポンサーリンク

被災地「岩手県」への募金、寄付、義援金、資金援助、支援は「ふるさと納税」が簡単・確実 – 東日本大震災 〜クレジットカード、コンビニ決済も使える地震災害の被災者緊急支援〜

東日本大震災の被災地「岩手県」への募金、寄付、義援金、資金援助、支援を「ふるさと納税」で行うことの特徴



さとふる

ふるさとチョイス

  • ふるさと納税のWEB・インターネットでの申し込みサイトがそのまま使える
  • 正式なふるさと納税のウェブサイトでふるさと納税をすることで簡単に確実に地方自治体への資金援助ができます。

  • 被災地で一番必要な「お金」を支援できる
  • 被災地の復興には資金が一番重要です。短期的な緊急支援については政府や自治体、ボランティア、SNSでの拡散などを通した現地対応で被災者のニーズを考慮した調達が徐々に行われて来ており、遠方の国民がするべきは長期的な視点で被災地を資金援助することです。

  • ふるさと納税サイト「さとふる」、「ふるさとチョイス」を利用すれば寄付のみで返礼品の辞退が選択できる
  • ふるさと納税サイトの「さとふる」、「ふるさとチョイス」では各自治体を選択してふるさと納税をすることができ、返礼品の辞退も選択できるため純粋な寄付をすることも可能です。

  • ふるさと納税した金額によっては制度による控除で自己負担額2,000円で済む
  • 自己負担額の2,000円を除いた全額が所得税(復興特別所得税を含む)及び個人住民税から控除される、ふるさと納税額の目安一覧(平成27年以降)が下記の総務省のサイトに掲載されています。

    総務省 ふるさと納税控除限度額目安表

このように日本政府が主導して取り組んでいる「ふるさと納税」の制度を利用することで、確実に自治体への資金援助ができるのです。

また、「ふるさと納税」の制度によって、私達がふるさと納税をした金額が所得税や個人住民税から控除され、金額によっては自己負担額2,000円で済むこともあります。

多くの金額を「ふるさと納税」支払えば、ふるさと納税控除限度額を超えてしまいますが、その資金は地方自治体への資金援助として確実に復興への大きな原動力となるのです。

「ふるさと納税」は下記ウェブサイトより行うことができます。



さとふる

ふるさとチョイス

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加